とらわれて夏

テレビで映画をやるという予告の、気になるものがあったので録画しておいたのです。
ケイト・ウインスレットが出てる「Laber day」。
邦題は「とらわれて夏」でした。

なんの話か知らないで見たのですが、ずーーっと緊張する映画でした。
あの男性、「エベレスト」に出てたな。
このふたりの演技もさることながら、子役の子もよかったー。
あの子も見た事がある、他の映画で見てる気がする、あとで調べてみよう。

さてこの映画、最後はハッピーエンドなのですが、そもそも男性の罪も無罪っぽい。
事故ではないのか、、って思う。
でも映画では刑務所に入っていて、そこから抜け出してるところから始まる。

よく分からないのでもう一回見ようと思うけど、過去のシーンが混じって出てくるのでこんがらがる。

男性は家事をこなし、車の修理をし、料理もした。
いい奴なのだ。

てか、いい奴なのだ。
だから奥さんを押してしまい、事故で奥さんは亡くなったのだ。
そんなシーンだった。
その間に、お風呂の水があふれだして、子供も亡くなったようだ、そんなシーンがあった。
ちゃんとs悦明してないんだよね、セリフでは出て来るけど。

なんか不思議な映画だったなー。
だからもう一回見て確かめるね。
もし見てなかったら、見る事をお勧めします。

このブログ記事について

このページは、さちこが2019年10月 1日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「細かい」です。

次のブログ記事は「ネパール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。