ライオン(映画)

みなさんは、映画「ライオン」を見ましたか?
デーブ・パ輝が出てる、オーストラリアの話です、あ、インドかな。
インドで生まれたさるーは、5歳の時に養子にだされます、その前に、迷子になるのですが。
迷子になって違う町に来たけど、自分の生まれた町の名前を間違えて覚えていて、周りの人が親を見つけることも出来ず、
また、母親も文盲だったので、記事を読んだとしても分からない、、読めなかったのです。
そして大きくなったサルーは、実の母親を探しにネットで躍起になります。
覚えている限りの情報を頼りに、グーグルアースで見つけるのです。

インドは広い。並大抵のことではない。
本では、フェイスブックのチカラも借りたようですが、映画ではそこは出てきてません。

そしてついに見つめて、母に会いに行きます。
(父親は失踪してていない)
お兄さんにも会えると思ってましたが、サルーが迷子になった日に電車にひかれて死んでいました。
妹には会えます。
実はこのほかにも一番上にお兄さんがいるようですが、あまりでてきません、いや、、まったく出てこないです。
この小見遺産が一家を支えてきたということです。
サルー、というのも彼の間違いで、「シュリル」、、、インドの言葉で「ライオン」という意味なんだそうです。
深いなーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、さちこが2020年11月 1日 19:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「笑う病気」です。

次のブログ記事は「犬と仲良し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。