犬と仲良し

歩く人で、2歳の音の子が、生まれつき、クチビルが割けている病気で生まれてきて、すでに数回手術を受けているんですって。
そんな子のところに、同じ病気のワンコが!
このふたり、というかひとりと一匹は一瞬で仲良しになれたそうです。
親も大喜び。

知らなかったのですが、犬でもこの病気ってあるんですねー。
でもこのワンコは手術をしなくても支障がない、ということです。
ワンコのほうが寿命は短いけど、どうか仲良く一緒に成長してほしいなって思いました。
子供の選定性の病気ってほんとうに、どうしようもないですものね。
せめて心の安らぎを、って思う。

もし自分の子供がこういう病気で生まれてきても、こういう手段(といっては失礼だけど)がある、
同じ病気じゃなくてもいい、ペットを飼うことで心が安らぐことってあるよねーー。
ペット、、飼いたくナッテコタナ、、ヤバい!
しばらくは飼わないよーー!今はまだ大変だ。
もし将来、生活が寂しくなったら飼うかもでーす。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、さちこが2020年12月 1日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライオン(映画)」です。

次のブログ記事は「「あの子」よばわり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。